北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ
japanese.beijing.gov.cn
  |  

中国国民と世界各国の国民の相互理解と友好を増進し、中国と世界各国の各分野における交流と協力を発展させるために、中国政府は奨学金を設立し、世界各国の優秀な学生、教師、学者が中国の大学に来て学習し、又は研究を発展させることを経済的に援助します。

中国教育部は、国家留学基金管理委員会(以下「国家留学基金委」と略称します)に、中国政府奨学金生の学生募集、採用、管理などの業務の担当を委託します。

現在、中国には中国政府奨学金生の育成任務を担当する大学が289所あります。学科の分野は、理学、工学、農学、医学、経済学、法学、管理学、教育学、歴史学、文学、哲学、芸術学などをカバーしています。 

一.中国政府奨学金プログラム

1.国別双辺プログラム

中国が関連国の政府、機関、学校及び国際機関などと締結・署名した、教育協力と交流協議、又は成立した共同認識に基づき提供する全額奨学金又は部分奨学金です。このプログラムでは、学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生、普通進修生及び高級進修生を募集することができます。

申請者は、所在国の留学生派遣部門に申請します。

2.中国の大学が自主的に行う学生募集プログラム

中国の一部の省、自治区の省レベルの教育行政部門、及び一部の中国の大学に提供する全額奨学金で、一部の中国の大学が、中国に来て学習する優秀な外国の若い学生を選抜及び募集するのに使用されます。このプログラムでは学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生だけ募集することができます。

申請者は、このプログラムを担当する中国の大学に申請します。

3.長城奨学金プログラム

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に提供する全額奨学金で、中国に来て学習及び研究する発展途上国の学生、学者を援助するために使用されます。このプログラムでは普通進修生及び高級進修生を募集することができます。

申請者は国連教育科学文化全国委員会に申請します。

4.中国-EU学生交流プログラム

EU加盟国の学生に提供する全額奨学金です。EU加盟国の学生が中国に来て学習し、研究を発展させることを奨励し、相互理解と交流を増進させることを目的としています。このプログラムでは、学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生、普通進修生及び高級進修生を募集することができます。

申請者は在EU中華人民共和国使節団教育文化事務所に申請します。

5.中国-AUN奨学金プログラム

アセアン大学連合(AUN)に提供する全額奨学金で、アセアン加盟国の若い学生、教師、学者が中国に来て学習することを奨励し、相互理解と友誼を増進することを目的としています。このプログラムでは修士課程の大学院生及び博士課程の大学院生を募集することができます。

申請者はアセアン大学連合(AUN)事務局に申請します。

6.太平洋諸島フォーラムプログラム

太平洋地区の島嶼国の学生に提供する全額奨学金で、これらの国の若い学生が中国に留学することを奨励し、経済的に援助することを目的としています。このプログラムでは、学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生、普通進修生及び高級進修生を募集することができます。

申請者は太平洋諸島フォーラムプログラム事務局に申請します。

7.世界気象組織プログラム

世界気象組織に提供する全額奨学金で、気象学に関する研究に志を持つ世界各国の学生が中国に来て研究を行うことを奨励することを目的としています。このプログラムでは、学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生を募集することができます。

申請者は世界気象組織に申請します。

二.経済的援助のタイプ、期限、授業の言語、大学及び専攻

経済的援助のタイプ:学部生、修士課程の大学院生、博士課程の大学院生の教育及び中国語又は専攻の進修です。

経済的援助の期限:専攻の学習及び中国語補習(予科)の時間を含みます。詳細については以下を参照してください。

截屏2020-09-23 18.32.13.png

授業の言語:

1.中国政府奨学金で中国に留学に来る学部生の授業の言語は中国語です。中国政府奨学金生は、専攻学部の学習を始める前に、指定された予科の大学で1学年を期間とする中国語と基礎知識の学習を行い、かつ試験に合格しなければなりません。

言語能力と基礎知識のレベルが以下の規定の一つに達している者は、予科教育学習の免除申請をすることができます。中国語を学習言語として中等教育を完了し、かつその卒業した学校が発行した中等教育段階における必修科目の授業を受けた時の言語が中国語であったことの証明書を添付する者です。中国語のレベルが合格大学の学部教育の入学要件に達しており、かつ漢語水平考試(以下「HSK」と略称する)の成績報告書(HSK成績報告書の有効期間は2年間)の写しを添付する者です。

現在、中国政府奨学金の中国への学部留学における予科教育を担当している大学は、天津大学、南京師範大学、山東大学、華中師範大学、同濟大学、北京語言大学、東北師範大学、北京第二外国語学院、首都師範大学及び対外経済貿易大学など、10の大学があります。

2.中国へ留学する大学院生及び進修生の授業の言語は、一般的には中国語です。一部の大学では、一部の専攻について英語で授業を提供することができます。

中国語の授業を選択し、かつ中国語レベルが専攻学習の要件に達していない奨学金生は、1~2学年の中国語学習に出席しなければならず、合格大学の入学要件に達した後、初めて専攻の学習を開始することができます。さもなければ、中国政府奨学金を受けて中国で学習を続けることはできません。その中で理学、工学、農学、医学(西洋医学)、経済学、管理学、法学及び芸術学を専攻する者は、中国語の学習期間は1学年です。文学、歴史、哲学及び医学(中国医学、漢方薬)を専攻する者は、中国語の学習期間は2学年を超えません。

英語での授業を選択する奨学金生、又は既に中国語のレベルが専攻学習の要件に達している奨学金生は、中国語の補習に出席する必要はありません。

大学及び専攻:

現在289の中国の大学が、中国政府奨学金生育成業務を担当しています。詳細については、http://www.csc.edu.cn/studyinchina 又は http://www.campuschina.orgにログインして、中国の大学と専攻の紹介を調べてください。

三.経済的援助の内容及び基準

截屏2020-09-23 18.35.16.png

注意:一類は哲学、経済学、法学、教育学、文学(文芸類は除く)、歴史学、管理学です。二類は理学、工学、農学です。三類は文学(文芸類)、医学です。

1.全額奨学金

●学費:奨学金生の育成、管理の費用、及び奨学金生が文化娯楽・スポーツ、見学、交歓などの活動を行うために段取りをつけ、かつ支援するための費用を含みます。学費は、学校が統一して計画段取りをして使用します。

●住居費:中国政府奨学生のために、無料の寮を提供するか又は住居費の補助するための費用です。住居費は、学校が統一して計画段取りをして使用します。学校の規定に基づき校内に居住する場合は、学校は無料の寮を提供するものとし、一般的には二人部屋です。学校の承認を得て、校外に居住することを選択した場合は、月毎又は四半期毎に、学校が支給する住居費をもらいます。基準は以下のとおりです。

本科生(予科生)、修士課程の大学院生(普通進修生):700人民元/月

博士課程の大学院生(高級進修生):1000人民元/月

●生活費:基準は以下のとおりです。

本科生:2500人民元/月

修士課程の大学院生及び普通進修生:3000人民元/月

博士課程の大学院生及び高級進修生:3500人民元/月

生活費は、学校が毎月支給します。奨学金生が、その月の15日(15日を含む)までに学校に行って手続きをした場合、一月の生活費が全額支給されます。15日以降に登録した場合、一月の生活費の半額が支給されます。卒業生の生活費は、学校が確定した卒業日の半月後まで支給されます。奨学金生が在学期間中(通常の休暇を除く)に、個人的な理由で中国を離れる期間が15日を超えた場合、その中国を離れた期間の生活費は支給が停止されます。

●総合医療保険(保険の内容及び保険金の支払い手続きの手順については、http://www.csc.edu.cn/studyinchina 又はhttp://www.campuschina.orgにログインして「中国に来た留学生の総合医療保険の簡単な説明・紹介及び保険金の支払い手続きガイド」を調べてください)。

2.部分奨学金

全額奨学金の中の1項又は複数項の内容です。