北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ
japanese.beijing.gov.cn
2023-11-24  |  

800.jpg

(写真提供:VCG)

5Gよりもさらに速い通信速度でインターネットサーフィンをしたら、どれだけ快適なのか?これから、市民たちは麗澤SOHOで実際に確かめることができる。このほど、世界初の「LampSite X」5G-A屋内配信ソリューションの検証が北京市の麗澤SOHOで完了した。

5G-Aとは、5G-Advanced(5Gの機能拡張版)の略で、5.5Gとも呼ばれ、5Gから6Gへの通信技術の進化における重要段階である。5G-Aは、インテリジェンスとコンバージェンスを特徴とし、ブロードバンドの通信速度を5Gの10倍に高め、ダウンリンクピークデータレートが最大10Gbps(ギガビット/秒)になる。

実験室から世に出た5.5Gについて、市民たちが最も実感できるのは、通信速度がより速くなったこと。現場でのテスト結果によると、新ソリューションを活用すると、下り速度は平均1.9Gbps(ギガビット/秒)になり、ピークレートは2.1Gbps(ギガビット/秒)に達した。

さらに、5.5Gの活用により、建物のネットワークカバレッジ性能が25%以上向上した。従来の屋内配信ソリューションでは、屋内で無線信号を完全にカバーするために、建物内の各設置ポイントに少なくとも2つのRFヘッドエンドを設置する必要があったが、5.5Gを活用すると、各設置ポイントに設置するRFヘッドエンドは1台だけでよく、既存の複数の周波数帯で4Gと5Gを同時にカバーできるようになった。

(情報提供:北京日報アプリ)