北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ

1.jpg

このほど、交通運輸部は「e路暢通」ミニプログラムをリリースした。同ミニプログラムの「陽光救援」も同時にリリースされ、試行運営が始まり、全国の高速道路で「ワンタッチSOS」機能が実現した。

今年10月末時点で、充電用駐車スペースが設置されたサービスエリアは全国に合計6257カ所あり、高速道路サービスエリア全体の94%を占めている。全国の高速道路サービスエリアには、合計20000台の充電スタンドが設置され、49000台分のマイクロバス用駐車スペースをカバーしており、北京、遼寧、吉林、上海、浙江などを含む11の省(市)の高速道路サービスエリアにおける充電設備のカバー率は100%に達している。

現在、市民は「e路暢通」ミニプログラムの「充电桩随手查(充電スタンドを随時検索)」を通じて、全国の高速道路の充電設備の位置やリアルタイムの空車状況、充電モードなどの情報を確認することができる。

(写真・情報提供:新京報)