北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ

北京商業宇宙飛行産業高品質発展大会が3日、亦荘で開催された。現場では、亦荘は正式に「参天計画」を開始するとともに、「亦荘商業宇宙飛行18か条」「北京ロケット大通り」などの措置、プランを初発表した。亦荘は2028年までに500億元(1元は約20.7円)級の商業宇宙飛行産業クラスターを形成することが明らかになった。科技日報が伝えた。

大会では初めて「北京市商業宇宙飛行の革新的発展の加速行動案(2024-28年)」について解説された。同行動案は、2028年までに北京市は全国に先駆け再使用ロケットの軌道投入・回収・再打ち上げを実現し、低コストで高信頼性の衛星・ロケット製品開発能力と大規模衛星群の構築・運営能力を形成する▽500社以上のハイテク企業、100社以上の「専精特新(専門化・精密化・特徴化・新規性)」企業、10社以上のユニコーン企業を誘致・育成する▽上場企業数を20社以上にする▽2ヶ所の特色産業集積エリアといくつかの特色産業パークを完成させる▽北京商業宇宙飛行1000億元級産業クラスターを持続的に拡大すると明確に打ち出した。

大会では、「北京経済技術開発区の世界的な影響力を持つ商業宇宙飛行産業先進地の建設に関するいくつかの意見」(「亦荘商業宇宙飛行18か条」)が正式に発表された。それによると、亦荘は2028年までに商業宇宙飛行イノベーション能力を大幅に強化し、重要中核技術でブレイクスルーを達成し、いち早く再使用ロケットの軌道投入・回収・再打ち上げを実現し、低コストで高信頼性の衛星・ロケット製品開発能力と大規模衛星群の構築・運営能力を形成する。100社以上のハイテク企業、50社以上の「専精特新」企業、5社以上のユニコーン企業を誘致・育成する。上場企業数を5社以上にする。5つ以上の業界分野で複数の応用モデルシーンを形成し、「空・宇宙市街地」と「北京ロケット大通り」という特色パークを完成させ、運営を開始し、商業宇宙飛行500億元級産業クラスターを形成する。