北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ

11月1日、2023年度の北京市商業補充医療保険である「北京普恵健康保」の募集が開始し、北京市民は、指定された保険加入するための公式プラットフォームである「北京普恵健康保」WeChat公式アカウントをフォローし、保険加入の予約をすることができます。「北京普恵健康保」の最新の調整は、料金の納付に医療保険個人口座が使えるようになったことです。

内容页_900x500.jpg

(写真提供:vcg.com)

2023年度の「北京普恵健康保」の料金は変わらず195元/年で、以下の4つの面でアップグレードされています。

一つ目、保険加入対象の範囲を拡大しました。北京市の戸籍を有する方、又は北京市の居住証を所持し、かつ北京市以外で基本医療保険に加入している北京市の新市民も保険に加入することができます。

二つ目、賠償免除金額を下げました。特殊医薬品サービスを最適化しました。

三つ目、オンラインでの迅速な賠償がより便利になり、賠償請求の流れを簡略化し、賠償請求に対する処理速度を上げています。

四つ目、高齢者、女性及び児童の各年齢層における健康管理ニーズを満たすため、外来診察時又は入院後でも申請することができます。

11月1日より、北京市従業員医療保険加入者は医療保険個人口座の残高を利用して、北京市補充医療保険である「北京普恵健康保」を加入する際の保険料を納付することができます。12月より、医療保険口座の共済対象者の手続きが完了された後、医療保険個人口座の残高を、北京市基本医療保険の待遇を受けることが可能である配偶者、両親及び子どもの保険加入する際の料金の納付に使用することができます。

(情報提供:北京青年報)