北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政区画 政府活動報告 法律・政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科学・技術 動画
サービス
アクセスの多い内容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で学ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新着情報
ニュース 法律・政策 写真 イベント ピックアップ


北京通州文化旅游区.jpg

園区の名称:北京通州文化観光区

所属区:通州区

園区の住所:北京市通州区蕭太後河北岸甲7号

園区の紹介: 北京通州文化観光区は北京市の南東部、副都心の南に位置している。北は万盛南街、南は京哈(北京-ハルビン)高速道路に至り、東は東六環、西は通馬路まで広がり、12.05平方キロメートルの敷地面積を有している。 

北京通州文化観光区は、中央政府が副都心の産業発展に割り当てた3つの中核機能の重要な担い手の一つで、副都心の文化観光産業の発展をリードしている。また、ここは北京市が国家サービス業開放拡大総合モデル区を構築するための重点地域であり、新型文化・スポーツ・観光融合発展モデル区、国家文化・観光・ビジネス融合発展モデル区でもある。 

北京市サービス業開放拡大の中で最大の外資系産業プロジェクトであるユニバーサル・北京・リゾートのプロジェクトが園区内にある。ユニバーサル・北京・リゾートは、世界で6番目、アジアで3番目のユニバーサル・スタジオ・テーマパークで、総敷地面積約4平方キロメートル、そのうち第1期は約169ヘクタールの敷地にする予定。「カンフー・パンダ」、「トランスフォーマー基地」、「ミニオン・ランド」、「ハリー・ポッターの魔法の世界」、「ジュラシック・ワールド」、「ハリウッド」、「ウォーターワールド」など7つのテーマエリアを中心に計画し、20以上の娯楽アトラクションを含んでいる。同プロジェクトの第1期は2021年9月20日に正式に開業し、北京の副都心の都市機能を大幅に向上させることが見込まれる。 

北京通州文化観光区は、ユニバーサル・スタジオ・リゾートの波及効果を最大限に活用し、文化クリエイティブと科学技術、文化と観光の融合を促進し、「高精尖(ハイレベル・精密・先端的)」に焦点を当て、文化クリエイティブ産業の発展を育成・牽引し、ハイエンド文化観光産業クラスターを構築している。首旅集団は同文化観光区に本社を据えることになり、「食、宿泊、交通、観光、ショッピング、娯楽」の各分野の良質な資源を副都心の開発・建設に統合することを推進することになった。

北京通州文化観光区は、「国際的見識、国際標準、中国の特色、ハイポジショニング」の原則に基づき、北京市による「両区(国家サービス業開放拡大総合モデル区、中国(北京)自由貿易試験区)」の革新的な政策により、「制度革新による牽引、産業発展による支援」という文化観光の融合発展のための新しい拠点を構築し、世界に向けてモダンで洗練された観光地や、ハイエンドな産業が集積する文化クリエイティブ産業パークを建設することに努めている。

管理委員会の名称:北京市副都心管理委員会文化観光区管理局

管理委員会の担当者:仇 楽

管理委員会の連絡先:86-10-81593013